オリオン座流星群2019東京の方角とピーク時間は?おすすめスポット(場所)もチェック

 

オリオン座流星群2019東京の方角とピーク時間について、おすすめの場所もご紹介していきます。

 

冬の星座と言えばなにを思い浮かべますか?小学校の頃に理科が苦手だった人も、オリオン座という名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。

「冬の大三角」を作るよく知られている星座です。冬は寒く空気がきれいなため、夜の星空がとてもきれいに見えます。

そんなオリオン座の方からたくさんの流星がみることができるオリオン座流星群が10月に見ることができます。冬の夜空に見られる流れ星なんて、とってもロマンチックですね。

都会にいる人もこの時ばかりは町の明りから少し離れたところでたくさんの流星をみてみたいですね。今回はよりよく見るために方角やピーク時間、天体観測におすすめの場所を紹介します。

 

オリオン座流星群2019を東京でみれる方角とピーク時間は?

流星の出現期間 

オリオン座流星群は毎年10月中旬~10月下旬にみることができます。

オリオン座流星群は流星が流れたあとに残る光、流星痕が比較的きれいに見える流星群の1つです。

きれいに見え天体にあまり詳しくない方でも見つけやすいのではないでしょうか。

 

ピーク(極大)日時 

ピークは10月22日午前8時頃とされていますが、もう朝ですね。

明るくなっていて、この時間に見ることは出来ませんが、夜中から見ることはできそうです。なので、21日の夜から22日の明方までに見ることができます。

極大時1時間あたりの流星数 

例年1時間あたり5個くらいの流星が見られます。

2006年には急に1時間あたりになんと60個の流星が観測できたこともあるようです。そんなにたくさんの流れ星が見られるなんて、願い事が叶いそうです。

方角 

明るい流星が特徴のオリオン座流星群ですので、どの方角でも見えやすいでしょう。

オリオン座流星群2019がきれいに見える条件は?

 

夜空を見る条件として、きれいに見るにはやはり暗いことが条件にあげられます。

なので都会の中心部よりは、少し離れた周りに街灯が少ないような場所がおすすめでしょう。 

また、10月22日には月が一緒に昇ってきます。

下弦の月で割と明るいので月の反対側などできるだけ暗い方を向いて観察していると、
見ることができるかもしれませんね。 

この下弦の月、22日以降は月とだんだんとはなれていく為、見えやすくなるかもしれません。

オリオン座流星群2019を東京で見るならここがおすすめ!

ネオン輝く街、東京というイメージが強いですが、

都心部から離れていくと天体観測におすすめの場所がたくさんあります。

砧公園

世田谷にある公園で、広い芝生やアスレチックがあり家族連れに人気の公園です。

春にはお花見客で賑わっています。園内には吊り橋もかかっており、
なかなか体験することのできないスリルも味わえるかもしれません。

夜になると広い芝生から広い星空を見ることができます。駐車場やトイレもあるのでおすすめの場所です。

所在地:〒157-0075 世田谷区砧公園1-1

 

交通アクセス

東急田園都市線「用賀」から徒歩20分 または東急コーチバス(美術館行き)「美術館」下車 
小田急線「千歳船橋」から東急バス(田園調布行き)「砧公園緑地入口」下車
小田急線「成城学園前」から東急バス(都立大学駅北口行き)「岡本一丁目」下車

駐車場:1時間まで300円 以降30分毎に100円

問合せ:03-3700-0414

夢の島公園

こちらは江東区にある公園です。

立地にある公園で、園内には植物園があり珍しい熱帯植物を見ることができます。
またバーベキュー施設もあるためアウトドアにも最適ですね。

周りが海ということもあり、高いビルなどがない為星空を見るのに視界が遮られません。
昼はバーベキューでそのまま天体観測なんてプランはいかかでしょうか。


所在地
:江東区夢の島一、二丁目

交通アクセス

東京メトロ有楽町線(Y24)・JR京葉線・りんかい線「新木場」下車 徒歩7分
東京メトロ東西線「東陽町」(T14)から都バス(東陽町-新木場、東陽町-若洲海浜公園)「夢の島」下車
高速湾岸線「新木場インター」より5分

駐車場

9時間未満まで2時間以内300円 以降1時間毎に100円
9~24時間1000円

問合せ:03-3522-0281

奥多摩湖

都内でたっぷりと自然を味わうことのできる場所です。

ドラム缶風の浮きでできたスリル満点の橋や、
ハイキングコースなど自然に触れ合える場所が盛りだくさんです。

パワースポットもあり大人も子供も1日楽しめる場所です。

 

奥多摩湖で星がきれいに見えるスポットとして有名なのが
「月夜見第二駐車場」と「奥多摩ダムサイトパーキング」です。

どちらも駐車場で満天の星空をみることができます。
駐車料金は無料ですので、車中泊が苦にならない人にはおすすめです。

月夜見第二駐車場は周遊道路にあり夜間は通行止めになっていますので、ご注意ください。


所在地
:東京都西多摩郡奥多摩町原

交通アクセス:奥多摩駅からバスで15分奥多摩湖バス停下車

問合せ:0428-83-2295(奥多摩町役場)

国立天文台

天体観測ならここ!と思う方も多いのではないでしょうか。
大きな天体望遠鏡もあり星はもちろん惑星もはっきりとみることができます。

私も小さい時に天体望遠鏡で惑星を見せてもらったことがあるのですが、
あの時の感動はいまだに忘れません。大人の方はもちろん子どもにもぜひ体験してもらいたいですね。

所在地:〒181-8588 東京都三鷹市大沢2-21-1

交通アクセス

JR三鷹駅からバスで21分〜23分 天文台前下車す
京王線 調布駅北口からバスで12分〜15分 天文台前下車すぐ
JR武蔵境駅からバスで14分天文台前下車すぐ [境91 狛江営業所行き]

問合せ:0422-34-3688

営業時間:10:00〜17:00 入場は午後4時30分まで。

高尾山

都心部から約1時間で行くことができ、富士山に並ぶミシュラン3ツ星に選ばれた美しい山です。
最近では登山のブームで登山道が整備され、
初心者でも昇りやすい山として多くの観光客で賑わいます。

登山だけでなくランチやスイーツもあるので、疲れたらそこで一休みもできます。
ケーブルカーもあり、それを使えば山の中腹まで行くことができるので、体力に自信のない方でも安心です。

昼間は遠くまで見渡せる景色とは違い、夜は手が届きそうなほどの星空と輝く夜景の素晴らしい景色が見渡せます。ナイトハイクという夜に登山をするツアーなども定期的にやっているみたいですので、それを利用すると安心ですね。

所在地:東京都八王子市高尾町

交通アクセス

新宿駅より京王線もしくはJR中央線で約50分高尾山口下車

最寄駅は高尾ではないので要注意です。

 中央自動車道八王子JCT経由、圏央道高尾山ICを降りて新宿方面へ約5分

問合せ:042-626-3111(八王子市役所)

オリオン座流星群2019を見るときに注意すること

 

10月の気候は昼間は日差しが届けば汗ばむくらいの陽気になりますが、朝晩は冷え込みます。

明りのない所になると、街中から離れた場所に見に行くという方も多いと思います。
山間部や海岸などはさらに冷え込みがあると予想されます。

防寒対策はしっかりとしていきましょう。厚手の服を準備して行きましょう。

また意外と地面からの冷えが辛いです。断熱効果のあるレジャーシートなども売っていますので、用意しておいた方がいいかもしれません。

わたしも過去、この時期の夜のイベントに参加したことがあるのですが、昼間の陽気で服を選び夜まで出ていて、かなり後悔したことがあります。次の日には見事に風邪をひいてしまったので、みなさまくれぐれも夜の寒さ対策を忘れずに行ってくださいね。

 

オリオン座流星群とは?

そもそも流星群とは、1年のうちに大体決まった時期に星空に現れる流れ星のことです。
ピーク時の前後1週間くらい見ることができますが、その中でも出現数の増減はあるようです。

その中でもオリオン座流星群は、比較的有名な流星群で明るい流星が多く、初心者にも見やすい流星群です。

他にもペルセウス座流星群やふたご座流星群など、様々な流星群があります。よくその時期になるとテレビなどでも報道されているので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

まとめ

  • 今年のピークは10月22日の前後1週間です。
  • 見られたらラッキーくらいの気持ちで夜空を見上げるといいですね。
  • 10月の夜は意外と冷えます。暖かい飲み物なども持っていくといいでしょう。
  • 東京でも少し足を延ばせば大自然。虫よけスプレーなども用意しておきましょう。
  • ナイトハイキングは経験者の人と行くようにしましょう。
  • 他にもたくさんの流星群があるので、時期を狙って観測するのもいいですね。

 

なかなかゆっくりと星空を見上げることなんてない日常で、夫婦でカップルで、また友人と、この日だけは時間を忘れてのんびりと夜空を見上げてみてはいかかですか。普段は話すことのできない本音での話ができるかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です