ふたご座流星群2019福岡の方角とピーク時間は?おすすめスポット(場所)もチェック

ふたご座流星群2019福岡の方角とピーク時間とおすすめスポット(場所)についてご紹介します。

冬の夜空を見上げたことがありますか?
日常では忙しくてゆっくりと夜空を見上げることは少ないですよね。

冬は空気が澄んでいるので、普段よりより多くの星がよりきれいに見ることができます。
そんな夜空にたくさんの流星を見ることができる、ふたご座流星群の時期が12月にやってきます。

せっかくなら少し足を延ばして大自然の中で降ってくるような流星をみたいですよね。
福岡でも観測しやすい時間帯や方角、おすすめスポット、観測する上での注意点を紹介していきます。

ふたご座流星群2019を福岡でみれる方角とピーク時間は?

 

流星の出現期間 

ふたご座流星群は毎年12月4日頃~12月中旬に観測することができます。

 

ピーク(極大)日時 

2019年のピークは12月15日の午前4時頃です。

13日、14日も多くの流星を観測することができるでしょう。

時間帯は午後8時くらいから流星が現れ始め、午前5時くらいまで観測可能です。

 

極大時1時間あたりの流星数 

例年1時間あたりに20個くらいの流星が見られます。

かなりの数ですよね!

月の明りに邪魔されず暗い場所だと約45個の流星を見ることができるとの予想も出ています。

天体観測のプロの人になると1時間当たり100個の流星を見ることも可能なんだとか。その技を習得してみたくなりますね。

方角 

ふたご座の放射点がほぼ一晩中夜空にあるので、夕日が沈んでから太陽が昇ってくるまでどの方角でも観測は可能です。午後9時頃になると、放射点が真上にくるので、天から降ってくる流星を観測できるかもしれませんね。

ふたご座流星群2019がきれいに見える条件は?

夜空を見る条件として、きれいに見るにはやはり暗いことが条件にあげられます。
なので都会の中心部よりは、少し離れた周りに街灯が少ないような場所がおすすめでしょう。

周りに視界を遮るような高い建物もないほうがいいでしょう。 

また12月15日には月が一緒に昇ってきます。満月後の明るい月なのでなかなか難しいかもしれませんが、反対側などできるだけ暗い方を向いて観察していると、見ることができるかもしれませんね。 

 

ふたご座流星群2019を福岡で見るならここがおすすめ!

 

繁華街の多い待ちとして一晩中明るいイメージの福岡ですが、意外にも天体観測に向いている場所があります。
普段は味わうことのできない自然の中でマイナスイオンを浴びながら観測してみてください。

星のふるさと公園 

福岡県と大分県の堺にある星野村にあります。
村の名前に星がついているのでたくさんの星が見られそうですよね。

棚田や茶畑のある自然豊かな風景は日本の里100選にも選ばれています。

この公園には九州で最大の天体望遠鏡が置いてあります。昼間にも望遠鏡を覗くことができるので、明るい空でも星を観測することができます。

 

宿泊施設や温泉もあるので、天体観測で冷えた体を温めることもできますね。

所在地:〒834-0201 福岡県八女市星野村10828-1

問合せ:0943-52-3000

営業時間:

月・土・日・祝 10:30~22:00(最終入館 21:30)
水・木・金 (及び夏休み中の火曜)13:00~22:00(最終入館 21:30)

入館料:

(プラネタリウムまたは天文台)大人:500円、小学生:300円、幼児(4~6歳):100円
(プラネタリウムと天文台のセット):大人:入館料+200円、小学生:入館料+100円

※未就学児は入館料のみ

駐車場:無料 30台のスペースあり

アクセス:      

車で

福岡方面から→広川インター、八女インターより車で約45分
大分方面から→杷木インターより約30分

電車で 

JR鹿児島本線羽犬塚駅から堀川バスに乗り換え福島、堀川バス星野行きに乗り換え池の山前から徒歩20分

 

道の駅 吉野ヶ里

国の特別史跡に指定されている「吉野ヶ里遺跡」のある地域です。
福岡県との境に位置します。道の駅なので、車でしか行くことができませんが周りは山なので、街の明りが遮られきれいな満天の星空が観測できます。

道の駅には、地元でとれた農産物や、焼きたてのパンなどが販売されています。

ドライブで道の駅まで来て、休憩しながらの天体観測はいかがですか?

 

所在地:佐賀県神埼郡吉野ヶ里町松隈1710-11

問合せ:0952-55-6175

営業時間:店舗・売店 9:00~18:00 レストラン 9:00~18:00

アクセス:東脊振ICから国道385号を北に約6km

休館日:毎週水曜日

 

米の山展望台

福岡市内の夜景が一望できます。夜景に負けず頭上には手が届きそうな星空をみることができます。

ここまでの道のりが、狭く険しい舗装されていない林道を通りますので、運転に自信のない方や慣れていない方はやめておいた方がいいかもしれません。

運転者がいるのであれば、絶景が見渡せますのでぜひ行ってみてください。

所在地:福岡県篠栗町大字若杉

問合せ:092-947-1111

アクセス:福岡ICから車で30分       

駐車場:約10台程度

小石原焼伝統産業会館周辺

小石原村は標高200m~500mに位置する高原の村です。
道の駅があったり、窯元もたくさんあり陶芸体験のできる地域です。

多少周りの明りがありますが、標高の高い地域ですので近くに星空を感じることができますよ。

 

所在地:福岡県朝倉郡東峰村小石原730-9

問合せ:0946-74-2266

アクセス:杷木ICから車で30分

白水大池公園 星の館

天体望遠鏡が置いてあり、様々なイベントも行っています。お昼までも空の観察ができます。

 

星に関する授業に半年間通うことのできる「星空クラブ」というのもあります。対象は市内に住む小学生中学生ですので、宇宙に興味のあるお子様がいる場合、いいチャンスになりますね。

 

大自然の中というわけではないですが、気軽に天体観測をすることのできる場所として地元の家族に愛されている場所です。

 

無料で通えるというところも魅力の1つですね。

所在地: 〒816-0842福岡県春日市大字下白水209-171

営業時間:金・土・日14時~21時(6月1日~9月15日は21時30分まで)

入館料:無料(天文台での天体観測も無料)

問合せ:092-558-9099

西鉄バス :

JR春日駅または西鉄春日原駅より行先1番に乗車→松ヶ丘入口下車→徒歩5分
JR春日駅または西鉄春日原駅より行先2番に乗車→大土居下車→徒歩5分

駐車場:113台完備

ふたご座流星群2019を見るときに注意すること

12月の夜は極寒です。真夜中の天体観測ですので防寒対策はしっかりとしていきましょう。厚手の服を準備して行きましょう。また意外と地面からの冷えが辛いです。断熱効果のあるレジャーシートなども売っていますので、用意しておいた方がいいかもしれません。

 

また車で観測所まで行く際に車を利用される方は、路面の凍結に注意してください。冬用タイヤの準備などの事前準備をしっかりとしましょう。

ふたご座流星群とは?

そもそも流星群とは、1年のうちに大体決まった時期に星空に現れる流れ星のことです。
ピーク時の前後1週間くらい見ることができますが、その中でも出現数の増減はあるようです。

 

ペルセウス座流星群やしぶんぎ座流星群と並んで、ふたご座流星群は年間三大流星群です。

他の流星群に比べて、1時間あたりに観測される流星の数が多く初心者にも見つけやすいのが特徴です。

他にも様々な流星群があります。よくその時期になるとテレビなどでも報道されているので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

まとめ

  • 今年のピークは12月15日です。
  • 見られたらラッキーくらいの気持ちで夜空を見上げるといいですね。
  • 12月の夜は極寒です。寒さ対策は抜かりなくしましょう。
  • 福岡ほどの都会でもちょっと足を延ばせばたくさんの星空を観測できるスポットがあります。
  • 他にもたくさんの流星群があるので、時期を狙って観測するのもいいですね。

 

いかがでしたか?寒い時期だからこそきれいに見える冬の星空をたまには時間を忘れてゆっくりを見上げてみてください。

家族で、カップルで、素敵な冬の思い出を作ってくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です