チョコレートの湯煎で温度計がなくてもできる簡単なやり方!

 

チョコレートの湯煎で、温度計がなくてもできる簡単なやり方についてご紹介します。

チョコレートはデリケートな食べ物なので、温度管理をしっかりしないときちんと溶かすことができません。そこで必要になってくるの温度計です。

 

温度計がないんだけど、買わないとダメ?
温度計がなくてもできる方法はないの?

そんな悩みを解決していきます。

こんな人におすすめ

  • チョコレートを作りたいけど温度計がない人
  • チョコレートの湯煎で温度計を使わない簡単な方法が知りたい人
  • チョコレート作りを失敗したくない人

この記事では、次のようなことがわかります。

  • 温度計がなくてもできるチョコレートの湯煎のやり方
  • チョコレートの湯煎の最適温度
  • チョコレートの湯煎で失敗したときの対処法

結論を先にいっちゃうよ

温度計がなくても、簡単にチョコレートの湯煎をする方法はあります

温度計を買い忘れた、わざわざ買わなくてもいいやって方には、温度計がなくても簡単にできる方法を知ることで失敗なく、チョコレートの湯煎をすることができるようになります。

それでは、詳しく見ていきましょう。

 

チョコレートの湯煎する時の最適温度は?

まずは、湯煎の最適温度はどのくらいなのか知っておきましょう。

 

最適温度がどのくらいか知ることが大事なのよ!

それではご紹介していきます。

チョコレートは、チョコの種類によって溶解温度が変わってきます。
以下をご覧ください。

スイートチョコ:50~55℃
ミルクチョコ:45~50℃
ホワイトチョコ:40~45℃

溶解温度よりも高くなると、チョコは油分が分解してボソボソなってきて固まってしまいます。

そうならないためには、溶解温度よりも高くならないようにしていきます。

 

一般的なチョコレートの湯煎の最適温度はこちらになります。

一般的なチョコの湯煎の温度は50℃

もし溶かしているときにお湯の温度が下がってきてしまったら、一度チョコを外してお湯を温めてから、湯煎してくださいね。

 

 

温度計がなくても、50度ぐらいのお湯にしたらいいってことよね!50℃ってどのくらい熱さなの?
50℃は、お風呂より少し熱くて手で触れることができるくらいの熱さだよ!次で詳しく説明していくね。

チョコレートの湯煎で温度計がないときの方法

チョコレートの湯煎で温度計がないときのやり方は2つあります。

以下をご覧ください。

  1. 沸騰したお湯に、同量の水を入れる
  2. 電子レンジを使う

 

詳しく解説していくと、

沸騰したお湯に、同量の水を入れる


チョコレートの湯煎に最適な温度
は、だいたい50℃くらいでしたね。

沸騰したお湯(約100℃)に水道水(0℃~10℃くらい)を同じ量だけ加えると、お湯が冷めて50℃くらいになります。50℃だと、お風呂よりは熱いけれども、決して触れないほど熱くはありません。

ということで、お湯を触ってみるというのも、1つの方法です(やけどには十分注意してください!お子さんとお手作りする場合は親が確認するようにしてくださいね)

 

ズボラな私には、これくらいでいいかも

電子レンジを使う

チョコ湯煎する際は温度管理が重要になってきます。温度計がないと、どうしてもチョコが溶けない・固まるなどのリスクは避けられません。

チョコを溶かすという目的であれば、お湯の温度管理をしないレンジを使ってチョコを溶かすという方法もあります。

 

チンするだけならめちゃめちゃ簡単!

ただ、焦げ付いたりするリスクはあるので、注意点は必ずチェックしておいてくださいね。

注意
  • チョコを包装しているアルミがついたままレンジで温めると、火災の原因になるの必ず確実に取り除くようにする
  • 焦がさないように、温めている途中は目を離さず、チョコの状態を見ながら少しずつ温めていく。

チョコをレンジで溶かす方法はこちらです

  1. チョコを細かく刻む
  2. 耐熱容器にチョコを入れる
  3. ラップをかけず、500wで1分20秒温める(600wはもう少し短めで)
  4. 温めたら取り出して溶け具合をチェックする
  5. スプーンで混ぜて、溶けていない部分があれば10秒ほどあたためます
  6. レンジで温めるときは、目を離さないように途中かき混ぜながら少しづつ温めていきましょう。焦げには注意です!

チョコレートの湯煎を失敗しないコツ

温度計がなくてチョコの湯煎をする場合、どうしても失敗する可能性があることは、念頭に置いていてください。

もう一度いいますが、チョコの湯煎は温度が重要なんです><

温度計がなくても湯煎はできるのでご紹介してきましたが、失敗しないコツともまとめてみたのでご覧ください。

チョコの湯煎で失敗したらどうなる?

チョコを湯煎した時に失敗した状態はというと、

  • チョコと液体に分離してしまった
  • トロトロに溶けなかった
  • パサパサになった
  • ボソボソに固まってしまった

こんな状態です。

チョコレートを湯煎にかけると、トロトロに溶けるのが普通なので、トロトロにならなかった場合は「失敗した」と言えるでしょう。

チョコの湯煎で失敗ないコツは?

チョコ湯煎で失敗しないようにするには

  1. 作業の前に使う道具は、水分がついていないようにふきんで丁寧にふいておく
  2. お湯の温度を50℃くらいにする
  3. 溶かすときは時間をかけてゆっくり溶かしていきます。
  4. 湯煎のときにお湯がが入らないようにする

温度計がなくて、湯煎をしてしまうともしかしたら、温度調節がうまくいかず失敗するかもしれません。

お湯の温度を確認しながら、触れないほどあつすぎる場合はチョコを入れている容器を一旦離したり、温度が下がった場合も、容器を一旦離してお湯を温め直してくださいね。

チョコを混ぜながら溶かす際も、ゆっくりです⇒ここポイント!早すぎると、空気が入ってぼそぼそになっちゃいます。

 

チョコを湯煎する時に失敗しないコツと、失敗した時の復活方法はこちらの記事で紹介していますので、ぜひご覧ください。

チョコを湯煎しても溶けない!失敗しないコツや復活する方法を伝授

チョコレートの湯煎で温度計がないときのまとめ


チョコレートの湯煎で、温度計がないときのやり方について紹介しました。

まとめると、

  • 温度計がない場合は、沸騰したお湯と水を同じ量だけ混ぜる
  • 失敗した状態とは、トロトロに溶けなかった状態
  • 失敗しても復活できることもある
  • 失敗しないよう、水分と温度に注意する

となります。

温度計がなくても、チョコレートの湯煎は簡単にできます。

ポイントを抑えてチョコレートを湯煎し、失敗しないようにしましょうね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です